HOME

2015年10月23日

自宅にこもっている方、精神科などに通院されている方、就労に向けてからだならしをしませんか?

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog — 事務局 @ 9:37 AM

大阪希望館では、今年2015年5月から、障がい福祉サービス事業として「就労移行支援事業所ホープ・エッグ」を設置しています。

体をならして規則正しい生活リズムと働ける自信を取り戻して、就職に向かっていこうという、「はたらくための準備」をお手伝いする事業です。そのために、淀川河川敷や地域の道路、市営住宅の清掃作業や、内職作業などをしながら、パソコン練習や社会人マナーの練習などもおこなっています。

現在の利用メンバーは、障がい福祉サービスの対象者が13人、障がい福祉サービスの対象になっていない人が4人、平均年齢は40歳です。精神科に通院されている方が多くを占めています。

週2回半日、週3回半日(午前のみ、午後のみ)の利用から、週5日以上午前午後の利用まで、自分の心や体の調子に合わせて利用してもらっています。作業に従事する中で、週3日半日利用だったのが、徐々に週5日半日→週3日午前午後、週2日半日とか、来れる時間が増えて来ている方も多いです。そして週5日午前午後ともほぼ休みなく出て来れるようになったら、就職に向けた活動を本格的にしていきます。

内職作業や清掃作業などでは工賃を支払っています。午前2時間、午後2時間の作業で、週5日以上来てくれている人は、月約13,000円~15,000円の工賃になっています。体験利用も1日~1カ月程度まで(週2日半日程度でもOK)その人に応じて利用していただいています。交通費は、大阪市内からであれば片道分支給していますし、体験利用中の工賃ももちろん支払っています。

親元でこもっている、生活保護でひとり暮らししているが働ける自信がない、昼間時間をつぶせる行き場所がない、という方で、大阪市内(特に北半分)に住んでおられる方、一度考えてみませんか?問い合わせは、Eメールか電話で「大阪希望館」まで。

ホープ・エッグ案内2015年9月版

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.