HOME

2016年12月14日

12月30日~1月3日は電話相談を休みます。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 3:44 PM

年末年始、電話相談は、12月30日(金)~1月3日(火)までお休みさせていただきます。1月4日(水)からは、通常通り再開します。Eメールでの相談は、年末年始も引き続きおこなっていますが、具体的な対応はできませんのでご了解ください。

自治体等での相談や対応は、たいてい年末29日(木)~1月3日(火)は休みと思われます。年末年始に住むところを失いそうだ、ネットカフェ等で宿泊するお金も尽きそうだという方は、できるだけ早く、今自分が住んでいる、または寝泊まりしている場所の自治体に相談に行くことをお勧めします。大阪市内の場合は各区役所、大阪府内の場合は各市役所(ただし一部異なる自治体もあります)の生活保護を担当している部署が相談先です。大阪市をふくめ大阪府内の全自治体は、それぞれ一時生活支援事業という、寝泊まりするところがない人に一時的な宿泊を提供する支援事業を行っていますので、相談してみてください。また、各自治体に生活困窮者の相談窓口がありますので、そこでの相談も可能です。よく勘違いされているのが、「今いる自治体に住民票がないから、相談に行けない」という思い込みです。社会福祉協議会が実施窓口になっている生活福祉資金・総合支援資金貸付など、住民登録の有無が要件になっているものはありますが、生活保護や一時生活支援事業を申請するのに、住民票がどこにあるかは関係ありません。「どこに居住実態があるか」で判断されます。例えば、住むところを失って、何日か○○市のネットカフェに泊まっていたが、所持金が尽きて今日から泊まれないとしたら、住民票は△△市にまだ置いていたとしても、○○市で申請することができます。

早めの相談、あきらめずに支援策の適用を求める姿勢が、年末年始を乗り切るカギです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.