HOME

2017年9月15日

10月5日(木) 「貧困・孤立・多死社会における宗教の役割を考える研修会」のお知らせ

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 8:44 AM
支縁のまち羽曳野希望館からのお知らせです。
一昨年から、大阪希望館、釜ヶ崎・ひぽ、羽曳野希望館、大淀寮OB会の四者で、職と住まいを失くした人達の為の「民間シェルター・ネットワーク事業」を展開してきました。大阪希望館・大淀寮は主に男性青壮年層、釜ヶ崎・ひぽは主に高齢者・障がい者、そして羽曳野希望館は主に女性と家族を対象に、仮住まいの提供と生活支援を続けてきました。
たとえ小さくてもいいから、「現代版駆け込み寺」を地域社会に創出すること。
お寺や教会が、教団・宗派の枠を超えて、そしてそれぞれの宗教文化を生かしながら、それぞれの地域社会に生きる人々に開かれた、「現代版駆け込み寺」の役割を持つようになればいい、と思っています。それが地域密着型宗教の役割ではないか、と。
本年度の大阪府福祉基金事業であります
「制度の隙間を埋める民間シェルター・ネットワーク事業」の地域研修会の第2回として、
下記の研修会を行いますので、ぜひご参加ください。
1、研修会名:「貧困・孤立・多死社会における宗教の役割を考える研修会」
※同研修会は、一般社団法人大阪希望館の平成29年度大阪府福祉基金「制度の隙間を埋める民間シェルター・ネットワーク」事業の一環で開催します。
2、日時:平成29年10月5日(木)午後6時~7時半
3、会場:金光教大阪センター4階 AMホール
(地下鉄堺筋本町駅?番出口、中央区役所近く)
4、参加費:無料
5、主催:一般社団法人大阪希望館
実施担当:支縁のまち羽曳野希望館
共催:支縁のまちネットワーク
6、内容:講演・学習会
講師:白波瀬達也氏(関西学院大学社会学部准教授)
講題:「釜ヶ崎から見た、日本社会と宗教の課題-諸宗教は現代版駆け込み寺になり得るのか?」

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.