HOME

2015年5月30日

就労移行支援事業所ホープ・エッグの利用者募集しています。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog — 事務局 @ 11:04 AM

5月1日、大阪希望館の新しい事業として、旧天神橋温泉(男湯部分)に「就労移行支援事業所ホープ・エッグ」を開設しました。場所は、地下鉄・天神橋筋六丁目駅から北へ5分ほど歩いた、大阪市北区天神橋7丁目13-14です。

障がい福祉サービス事業です。ホープエッグの隣(女湯部分)には、同じ旧天神橋温泉内に「まちかどサロンほっぽ」を開いています。

ホープ・エッグの特徴は、旧来の「障がい福祉」の枠にとどまらず、仕事も住まいもなくして希望館の支援ハウスに入居した若者や、障がい者関係の手帳等は持っていないが就職に困難な地域の若者・中年層なども、一緒に「就労移行」をめざすところにあります。また、まちかどサロンを通して、高齢者も障がい者も子育て世代も若者や稼働年齢層も、みんながつながりあえる「地域の居場所」になれることをめざしています。いわば「多機能型福祉拠点」を「廃業した昭和の銭湯」に設けて、「ささえあえるとともに、外から来た困窮者もあたたかく迎え入れる地域」を実現していこうという試みです。

就労移行支援事業所ホープ・エッグでは、利用者を募集しています。障がい福祉サービスの5月末現在の利用者はまだ10人にも達していないですが、旧天神橋温泉では、支援ハウス入居中や生活保護施設入所中の若者も数人、一緒に就労移行に向けてがんばっています。既存の福祉制度を活用させてもらいながらも、「(縦割りではない)雑多な福祉」「誰でも使える福祉」を実現していければと思っています。

ホープ・エッグが得意な分野は、◆からだを動かす作業、◆地域に出て貢献する活動、◆人と接するサービス、の3つです。それらの作業や実習を通して、働くためのこころ(気持ち)とからだと社会性を、ゆっくり整えていこうというコンセプトです。「はたらけるかな?」の不安を、「はたらける!」の自信に、一緒にかえていきましょう。

ホープ・エッグ利用案内2

まちかどサロンチラシ1

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.