HOME

2017年5月30日

29年度、支援ハウスの一部は、大阪府福祉基金からの助成金で運営します。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 10:30 AM

大阪希望館では、29年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金に応募し、交付を受けることができるようになりました。「制度の隙間を埋める民間シェルター・ネットワーク事業」という名称です。大阪希望館と大淀寮OB会事務局、困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)、支縁のまち羽曳野希望館の4団体が連携し、大阪市北区、西成区、羽曳野市周辺地域の3地域に、対象者の状態・課題ごとに適したシェルター(支援居室)を設置して、「住まいを失くした人」「住まいはあるが事情があって戻れない人」などの生活再建を支援していこうというものです。特に「生活困窮者支援制度などの制度の隙間からこぼれ落とされている人」に重点を置きます。大阪希望館では、支援居室4室と談話室を、(ひぽ)と羽曳野希望館では各1室を、この助成金で運営します。

大阪希望館と羽曳野希望館では、現在、大阪市を除く大阪府内各市が実施している一時生活支援事業(一時的な宿泊等を提供する事業)の受け入れをしています。それと並行して、例えば次のような理由などで、公的な支援制度を使えない・使いにくい人を対象に考えています。「常用雇用で働いているので生活保護も生活困窮者支援制度も使えないが、ネットカフェなどで泊まっているため、部屋を借りる資金が貯まらない。」などの事情がある場合などです。

 

〔相談者の皆さんへ〕大阪希望館が実施している電話相談・メール相談では、主に近くの行政窓口に相談に行くことを勧めています。住まいを失くしている状態の相談窓口は、大阪市内、堺市内では各区役所、東大阪市では東・中・西の各福祉事務所、その他の市では市役所の、それぞれ生活保護の担当窓口です。

近くの行政窓口を勧めるのには理由があります。公的な支援策には、生活保護(居宅での保護と生活保護施設での保護)の他、大阪市内ではホームレス自立支援センターという宿泊型の就労支援施設、大阪市以外では一時生活支援事業があります。大阪希望館は支援居室が7名分しかないため、公的な支援策が適用されるなら、まずそちらを使っていただきたいのが理由の一つです。

もう一つの理由は、大阪希望館は大阪市北区にあるため、そこまで来る交通費がない、歩いて来れる距離ではない場合が多いからです。また、入居は空室があるかどうかと、電話やメール相談だけでなく来所していただき面談をさせていただいた上で、判断させていただいているので、来ていただいたからと言って必ず入居していただけるとは限らないからです。

公的な支援策と大阪希望館の支援ハウスには、それぞれ長所短所があります。例えば大阪市のホームレス自立支援センターと大阪希望館の支援ハウスを比べたとき、入所中の生活環境は、自立センターが原則複数人部屋なのに対して大阪希望館は個室です。しかし、就職後最初の給料日までの経済面では、自立センターは入所期間中食事が提供されるので、就職後も居食に困ることはない一方、大阪希望館は入居後1ヶ月は補助金を活用した就労訓練作業で手当を支給し、それで生活してもらえますが、その後は仮住まいは無料提供ですが、食事代や仕事先に通う経費は希望館からは提供されません。他の手当付の就労訓練などや失業手当、総合支援資金貸付、緊急小口資金などを使える条件がないと、入居2か月目から最初の給料をもらうまではきびしい生活になります。面談の中で、どの支援策がベターか、または活用できそうかなどを一緒に考えさせていただき、アドバイスさせていただくことになります。

2017年3月30日

28年度社会福祉振興助成事業報告書「民間シェルター・ネットワークの可能性」をアップしました。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 3:39 PM

27年度に引き続いて、28年度に実施しました独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成事業の報告書を、「民間シェルター・ネットワークの可能性」というタイトルで発行しました。本事業は、大阪希望館・大淀寮OB会事務局(以上、大阪市北区)、困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)(西成区)、支縁のまち羽曳野希望館(大阪府羽曳野市)の連携した取り組みです。それぞれの団体がある地域に、困窮者の状態ごと(たとえば、北区では若者ホームレスが中心、西成区では高齢者・障がい者・長期野宿者が中心、羽曳野では家族や女性も入りやすいシェルターなど)に適した仮住まい(シェルター)を設置して生活再建を支援しながら、地域の中と地域間の支援ネットワークを拡げていこうという試みです。

下のタイトルをクリックしていただければ、報告書がPDFで開きます。

28年度WAM報告書表紙(表裏)

平成28年度WAM報告書

2017年2月24日

3月22日(水)「生活困窮者支援における民間シェルターの役割」事業報告会をおこないます。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 8:11 AM

平成28年度社会福祉振興助成(独立行政法人福祉医療機構=WAM)事業として、今年度も、大阪希望館での電話相談・メール相談と、困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)、支縁のまち羽曳野希望館、大淀寮OB会事務局の4者が共同して、大阪市北区、西成区、羽曳野市周辺の3か所に課題別シェルターを設置して、住まいを失くした生活困窮者等への生活再建支援をおこなって来ました。また、大阪希望館と羽曳野希望館では、今年度から本格的に、大阪市を除く大阪府下各市からの一時生活支援事業の受け入れも行っています。生活困窮者支援は制度となり、各地で実効性があるものになりつつありますが、他方で制度になることによって新たな「制度外」もまた生み出されています。私たちは民間支援団体として、一方で制度の拡充には協力しつつ、他方で制度外に置かれた人たちへもまた支援の手を差しのべていく役割を担います。

今年度の報告会は、「生活困窮者支援における民間シェルターの役割」と題して、今年度事業を担った4団体からの報告と、「現代版駆け込み寺の必要性と展望」と題して、支縁のまちネットワーク共同代表で、羽曳野希望館代表の渡辺順一氏の講演を予定しています。

日時は、2017年3月22日(水) 18:30~20:30

場所は、大阪地下鉄「天神橋筋六丁目」下車すぐの「大阪市立住まい情報センター」5階研修室1・2です。

参加費は無料です。ふるってご参加ください。

PDFファイル用は、次のタイトルをクリックしてください。 平成28年度WAM報告会案内

2017年2月17日

「知っていて損しないー路頭に迷わないための基礎知識(大阪府内版)」をアップしました。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 1:31 PM

独立行政法人福祉医療機構の平成28年度社会福祉振興助成で、「知っていて損しない―路頭に迷わないための基礎知識(大阪府内版2017年2月)」を作成しました。A4版8ページのリーフレットです。

おもに単身の非正規就労者を対象に、どういう準備をしていれば、またどこにどういう相談に行けば、住まいを失くさず、路頭に迷わずに済む可能性が高くなるかを、簡単に説明したものです。辞める前に有給休暇をとって求職活動をすることや、仕事を辞めたが失業手当が出ない(あるいはすぐに出ない)ときに、どんな支援制度があるか、制度ごとにどいういう相談窓口があるかなどを、簡単にまとめています。十分な情報とは言えませんが、いざというときのためにダウンロードして持っていてもらえれば、困ったときの参考にできるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路頭に迷わないための基礎知識(パンフレット)

上のタイトルをクリックしてもらえれば、PDFファイルが開きます。

2017年1月21日

「ホープ・エッグだより」2017年1月号と職員募集案内をアップしました。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 9:34 AM

就労移行支援事業所ホープ・エッグが発行している「ホープ・エッグだより」の2017年1月号ができましたので、アップしました。

ホープエッグだより2017年1月号CPDF

タイトルをクリックしてもらえれば、PDFファイルが開きます。

また、下記のタイトルをクリックしてもらえれば、ホープ・エッグの職員募集案内が開きます。「サービス管理責任者」とです。「サービス管理責任者」は2月1日から、ハローワークで募集を開始する予定ですので、お問い合わせ・応募は、ハローワークでの求人募集開始後にお願いします。

職員募集案内(サビ管)

「職業指導員(非常勤)」は、募集を終了しました。

2017年1月9日

大阪日日新聞2017年1月4日紙面に、大阪希望館の取り組みが載りました。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 11:21 AM

大阪日日新聞2017年1月4日紙面に、大阪希望館の取り組みが載りました。

1月3日から大阪日日新聞で連載が始まった「居場所をつくろう―共生の現場から」の「第1部ホームレス(中)求められる多様な支援」の中です。

1月3日の(上)ではビッグイシューの取り組み、5日の(下)ではNPO釜ヶ崎支援機構と水内俊雄大阪市立大学教授のインタビューが掲載されています。

このホームページでは、4日の紙面のみJPEGとPDFでアップさせていただきます。

2016年1月4日大阪日日新聞・大阪希望館1 左のタイトルをクリックしていただくとPDFファイルが開きます。

2016年12月21日

「年末年始の全国の支援一覧」

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 10:25 AM

年末年始に行政が実施する越年対策と、役所の相談窓口が閉まっている時期に、支援団体が実施する炊き出しや寝場所提供等の情報です。

作成元は、「NPO法人ホームレス支援全国ネットワーク 事務局(実施協力:Being Doing(安江鈴子様))」です。

下記のHPアドレスは、「ホームレス支援全国ネットワーク」のホームページです。、そこから「年末年始の全国支援一覧」をクリックしてください。PDFファイルが開きます。

http://www.homeless-net.org/

また、下記のタイトルをクリックしていただいても、全国一覧にリンクしています。

年末年始の支援全国一覧

2016年12月14日

12月30日~1月3日は電話相談を休みます。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 3:44 PM

年末年始、電話相談は、12月30日(金)~1月3日(火)までお休みさせていただきます。1月4日(水)からは、通常通り再開します。Eメールでの相談は、年末年始も引き続きおこなっていますが、具体的な対応はできませんのでご了解ください。

自治体等での相談や対応は、たいてい年末29日(木)~1月3日(火)は休みと思われます。年末年始に住むところを失いそうだ、ネットカフェ等で宿泊するお金も尽きそうだという方は、できるだけ早く、今自分が住んでいる、または寝泊まりしている場所の自治体に相談に行くことをお勧めします。大阪市内の場合は各区役所、大阪府内の場合は各市役所(ただし一部異なる自治体もあります)の生活保護を担当している部署が相談先です。大阪市をふくめ大阪府内の全自治体は、それぞれ一時生活支援事業という、寝泊まりするところがない人に一時的な宿泊を提供する支援事業を行っていますので、相談してみてください。また、各自治体に生活困窮者の相談窓口がありますので、そこでの相談も可能です。よく勘違いされているのが、「今いる自治体に住民票がないから、相談に行けない」という思い込みです。社会福祉協議会が実施窓口になっている生活福祉資金・総合支援資金貸付など、住民登録の有無が要件になっているものはありますが、生活保護や一時生活支援事業を申請するのに、住民票がどこにあるかは関係ありません。「どこに居住実態があるか」で判断されます。例えば、住むところを失って、何日か○○市のネットカフェに泊まっていたが、所持金が尽きて今日から泊まれないとしたら、住民票は△△市にまだ置いていたとしても、○○市で申請することができます。

早めの相談、あきらめずに支援策の適用を求める姿勢が、年末年始を乗り切るカギです。

2016年11月26日

12月3日(土) 羽曳野市で「子どものしんどさに寄り添うー高校生居場所カフェ」と題して、公開講演会を行います。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 6:31 PM

今年度、大阪希望館・大淀寮OB会事務局(大阪市北区)、困窮者総合相談支援室Hippo.(ひぽ)(大阪市西成区)、支縁のまち羽曳野希望館の4団体で実施しています〝課題別シェルターのネットワーク事業”(独立行政法人福祉医療機構・平成28年度社会福祉振興助成による事業)の一つとして、羽曳野市で次の公開講演会をおこないます。ぜひご参加ください。

日時:2016年12月3日(土) 午後6時~8時

テーマ:「子どものしんどさに寄り添うー高校生居場所カフェ」

講師:一般社団法人officeドーナツトークの「高校生居場所カフェ」スタッフ2人

場所:羽曳野市市民会館会議室

(近鉄南大阪線「古市駅」下車、北へ5分。)

参加費:200円(資料代)

チラシは、下記のタイトルをクリックしていただければPDFファイルで開きます。

羽曳野希望館担当公開講演会チラシ

 

2016年度上半期のメール・電話相談、支援実績の集計をアップしました。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報 — 事務局 @ 5:54 PM

2016年4月1日から10月15日までに、大阪希望館で実施したメール・電話相談と支援実績の集計表をアップしました。本事業は、昨年度に続いて、独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成を受けて実施しています。また、別枠で、大阪府内各市から、一時生活支援事業で、支援ハウスへの入居依頼も受けています。

下記のタイトルをクリックしていただければ、PDFファイルで開きます。

2016年度上半期・電話・メール相談等集計

相談案内は、大阪希望館のこのホームページにしか掲載していません。そのため、6か月半で新規相談件数は133件、延相談件数(希望館の支援ハウス入居後の相談は除く)は189件にとどまっています。ただ、相談件数を月ごとにたどると、4月に最も多く、5月に減り、6月にまた増え、7月から8月は少なく、9月に増えるという昨年度と同じ波を打っています。有効求人倍率の回復等は言われていますが、やはり低賃金で不安定なコマ切れ雇用は変わっていません。その結果、年度末を過ぎた後、またゴールデンウィークや盆を過ぎた一定時期に、切羽詰まった困窮状態にさらされる人たちが生み出されつづけている現実を痛感させられます。「働かせすぎ」を減らすための長期休日が、日給制や時間給制の非正規労働者にとっては、逆に収入の途絶=生存危機をもたらすという皮肉な結果をうみだしています。

昨年度から生活困窮者自立支援制度が始まり、各自治体などに相談窓口ができたという情報が、広がっていってはいます。しかし、住まいを失った人や住まいを失う寸前の人たち、特に定住場所を持てず、派遣の寮やネットカフェ・友人宅などを、自治体の境をこえて移動しなければいけない人たちのなかに、どこにどう相談に行けばいいのか、どんな制度や支援策が使えるのかなどを知らない人たちが、まだまだ多くいることも痛感させられます。

大阪希望館でできることはほんの小さなことでしかありませんが、少しでも、仕事や住まいを失って路頭に迷った人たちの生活再建と人生の再出発をサポートしていきたいと考えています。

次ページへ »