HOME

2018年12月18日

年末年始(12月29日~1月3日)電話相談等休みのお知らせ

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報,未分類 — 事務局 @ 3:56 PM

12月29日(土)より1月3日(木)まで、電話相談と新規受入れを休ませていただきます。

メールでの相談は随時返信させていただきますが、上記期間中は新規受入れはできません。

1月4日(金)より平常通り(日祝休み)で再開します。

2017年12月22日

大阪希望館・年末年始の相談休止と、全国の年末年始相談窓口

カテゴリー: 未分類 — 事務局 @ 11:30 AM

大阪希望館では、年末12月29日(金)~1月3日(水)まで、電話相談を休止させていただきます。

メール相談については、随時返信させていただきますが、電話相談休止日の入居受け入れはできませんのでご了承ください。

また、12月28日(木)までの相談についても、支援ハウスが満室の場合も入居受け入れができませんし、大阪市内であればホームレス自立支援センター等、府内であれば一時生活支援など、行政の支援策を活用できる方については、そちらの利用を優先していただいていますので、ご了解ください。

なお、年末年始の全国の相談窓口が、NPO法人ホームレス支援全国ネットワークのホームページに掲載されています。次のURLです。http://www.homeless-net.org/

また、こちらをクリックしていただければ、直接情報掲載ページに入れます。

年末年始の支援全国一覧はこちら

2016年4月15日

27年度社会福祉振興助成事業報告書をアップしました。

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,更新情報,未分類 — 事務局 @ 8:39 AM

27年6月から28年3月の10カ月間、独立行政法人福祉医療機構(WAM)からの社会福祉振興助成を受けて、「困窮者の多様さに対応可能な資源の開発事業」をおこないました。

本事業は、大阪市北区(大阪希望館と大淀寮OB会事務局)、大阪市西成区(困窮者総合相談支援室Hippo.”ひぽ”)と羽曳野市(支縁のまち羽曳野希望館)で、連携する4団体が、それぞれの主たる支援対象にしている人たちに適した仮住まい(シェルター)を連携して設置しながら、各地域でネットワークを作ってつなげていこうという事業です。大阪希望館では主に若年ホームレスや不安定就労者、“ひぽ”では主に単身高齢や障がい・疾病を持つ野宿生活者や生活保護受給者、羽曳野では主に家族やDV被害者を、本事業での主なシェルター利用対象者にしています。

また大阪希望館で、「住まいを失くした人、失くしそうな人」の電話相談・メール相談もおこなっています。

本事業では、大阪希望館で157人、”ひぽ”で25人、羽曳野で5人から、電話・メール・来所で相談を受けて、行政の対策の活用の仕方・相談方法や近隣の公的相談窓口を伝えたり、47人に仮住まいを提供した総合支援を、22人に入居外での支援を行いました。

27年度の事業は終了しましたが、28年度も引き続いておこなっています。

下のタイトルをクリックしていただければ、27年度事業の報告書が、PDFで開きます。

WAM報告書表紙裏表

WAM報告書本文1

WAM報告書本文2

”ひぽ”報告・概略版

なお、報告書では後半部分で、詳細な個別の支援経過を掲載している箇所と、2月13日中間報告会で発表いただいた、ふーどばんくOSAKA,東成区自立支援相談窓口、くらしサポートセンター守口の発表資料を、個人情報と掲載容量の関係で省略させていただいています。それにともない、若干ページ表示が目次と異なる個所もあります。

報告書全体を読まれたい方は、つぎのメールアドレスまで、住所・あて名・電話番号・冊数をお知らせください。

kiboukan@kiboukan.or.jp

報告書は無料、送付の際に、送料の振込先を同封いたします。

 

2016年1月12日

「大阪希望館だより」2016年1月号をアップしました。

カテゴリー: 未分類 — 事務局 @ 3:33 PM

「大阪希望館だより」2016年1月号をアップしました。

下の文字列をクリックしてください。PDFファイルが開きます。

大阪希望館だより2016年1月

2015年6月25日

(生活困窮者の)自立相談支援機関の全国一覧

カテゴリー: 未分類 — 事務局 @ 4:26 PM

厚生労働省のホームページにアップされている、(生活困窮者の)自立相談支援機関の、2015年6月17日段階の全国の一覧表をアップしました。

どこまで対応してもらえるかは何ともお答えできませんが、仕事や住まいを失くした、失くしそうだ、住むところはあるが生活に困窮している、困りごとがあるがどこに相談していいか分からない、などがあれば、お住まいの市町村、(ネットカフェや友人宅、路上等で)寝泊まりしている場所の市町村の「自立相談支援窓口」に、一度問い合わせて相談してみてください。

下のタイトルをクリックしてください。PDFファイルが開きます。

270617全国自立相談支援機関一覧

下は、厚生労働省のホームページのアドレスです。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/270617.pdf

厚生労働省 → 政策について → 福祉・介護の生活保護・福祉一般 → 生活困窮者自立支援制度 → 制度の紹介 → 右下の「平成27年度自立相談支援機関窓口情報(6月17日現在)」   の順で開いていけば、一覧のページにたどり着けます。

2015年6月20日

7月8日(水) 大阪希望館運営協議会第7回総会をおこないます。

カテゴリー: 未分類 — 事務局 @ 2:10 PM

2015年7月8日(水)に、大阪希望館運営協議会の第7回総会をおこないます。

今年度は、例年のような「シンポジウムとの同時開催」とはせずに、総会のみをおこないます。

4月から生活困窮者支援制度に基づく支援策が、全国各地で始まった一方で、OSAKAチャレンジネットの閉鎖にみられるように、ホームレス・仕事と住まいを失くした人たちへの支援策は縮減していっています。こうした困窮者対策の変化の中で、大阪希望館の意味と役割をもう一度とらえなおして、「大阪のまちを大きなセーフティネットにしていく」ために、どういう支援事業をどういう方法で進めていけばいいのかを考えていく場にしたいと考えています。

会員のみなさまも、会員ではないみなさまもご参加いただき、一緒に考える場にしていただければうれしい限りです。

【大阪希望館運営協議会第7回(2015年度)総会】

[日時] 2015年7月8日(水) 18:30~20:00

[場所] 旧天神橋温泉(大阪市北区天神橋7-13‐14 就労移行支援事業所ホープ・エッグ)

大阪希望館運営協議会第7回総会案内

2015年3月2日

「チャレンジネットの終了と希望館の次の一歩」をアップしました。

カテゴリー: 未分類 — 事務局 @ 11:11 AM

沖野充彦(大阪希望館運営協議会事務局長)からの投稿文章として、「OSAKAチャレンジネットの終了と希望館の次の一歩」をPDFファイルでアップしました。

こちらもあわせてお読みいただければうれしいです。

下の文字をクリックください。表示されます。

OSAKAチャレンジネットの終了と希望館の次の一歩

2014年11月15日

11月15日大阪希望館事務所(相談センター)を移転しました。

カテゴリー: 未分類 — 事務局 @ 3:59 PM

難波利三さんから新事務所内観2新事務所内観1新事務所・外観2014年11月15日(土)から、新しい事務所(呼称・「大阪希望館まちかど相談室」)で、活動を始めています。

支援居室や駅からは少し遠くなりましたが、民家の1階で、旧天神橋温泉(大阪希望館地域活動センター)の隣でもあり、入りやすくなったと思います。

外壁等が少し汚れていますが、徐々に塗り替えていきます。

これからも、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

【新事務所「大阪希望館まちかど相談室」】

住所:〒531-0041

大阪市北区天神橋7丁目13-15

℡:06-6358-0705

Fax:06-6358-0706

大阪希望館事務所移転のお知らせ

2013年8月27日

大阪市ステップ就労事業参加者を募集しています。

カテゴリー: 未分類 — 事務局 @ 2:14 PM

◆ 住まいと仕事を失って路頭に迷ってしまった若者と、就労経験が浅い、ニートや引きこもり状態にある、または知的障がいや発達障がいの可能性があるなどの就労困難要因を抱えていることにより、就労自立に向かうには少し時間がかかる若者を対象に、就労訓練・生活訓練を提供して、パーソナル・サポートで社会的自立を支援する「大阪市ステップ就労事業」を実施しています。

◆ 地域の清掃活動やイベントの企画・運営など地域貢献活動をおこないながら、キャリアカウンセリング・パソコン基礎講習などで就職のための基礎を習得し、また職場実習での就労体験等を積み上げて、ひとりひとりにあった就職先・就労先を見つけて行くための事業です。

◆ 時給は800円。週4日~5日(火・水・木・土。または火~土)、午前9時~午後5時です。応募方法や詳しい内容は、チラシをご覧ください。

チラシ1-2

◆ ネットカフェや友人宅等で寝泊まりしている人は、OSAKAチャレンジネット(フリーダイヤル0800-200-0656)に相談してください。チャレンジネットの支援を受けながら、この事業に参加することもできます。

2010年7月6日

「大阪希望館」設立1周年記念集会 を開催します(7月31日)

カテゴリー: お知らせ,スタッフBlog,未分類 — 事務局 @ 11:29 PM

盛夏の折り、皆様にはご健勝でお過ごしのことと思います。

大阪希望館の運営にご協力を頂き心から感謝申し上げます。大阪希望館が運営開始をして1年が経過しました。「大阪を大きなセーフティーネットワークの街」にしていくため、2年度も新たな気持ちで活動を行っていきたいと思います。

つきましては「大阪希望館設立1周年記念集会」を下記のとおり開催します。皆様のご出席をお願いし、ご案内を申し上げます。

◆日 時:2010年7月31日(土)

受付開始   13時30分~

 開会      14時00分~

 終了                16時00分 

 ◆場 所:大淀コミュニティセンター

〒531-0074     大阪市北区本庄東3-8-2      電話:06-6372-0213 

 ooyodo

 ◆ 内 容

●ミニコンサート

「さすらいのピアマン・合田清さん & 竹内俊浩さんのミニコンサート」

~音楽を通じて見える「1すじの希望の光」~

♪ ミニコンサート演奏者プロフィール♪

さすらいのピアノマン 合田 清 さん

 大阪・西成・通称釜ケ崎。2005年釜ヶ崎の三角公園でバッハの曲を弾いていた1人のピアノマンがいた。合田清は元音楽教室主催者。神戸で教室を開いていたが阪神大震災で全てを失い、流浪の果てにあいりん地域へたどり着く。4年間のホームレス生活で絶望を感じながらも、音楽が与える「生きる力」を再確認し「さすらいのピアノマン」として復活する。2006年にはCD「祈り -The Water of Blue-」をリリース。「ろくな者じゃの会」メンバー。現在は音楽活動を行うかたわら、ホームレスの人々と共に歌うことで再生・自立・希望を促そうと「クリーンランド男声合唱団」の設立に奔走中。「ろくな者じゃの会」の寝袋くばりにも参加している。

竹内俊浩 さん

 浪速のジャクソン・ブラウン「タケソン・ブラウン」としてライブ活動中。自立支援センターでホームレスの人たちの就労支援業務に従事。たまたま西成区民センターで合田さんのピアノを聞き感動、音楽に対する情熱に共鳴する。2006年には「再チャレンジ」テレビ番組に合田さんを紹介する等、合田さんの活動を支援してきた。「クリーンランド男声合唱団」にも参加。

 ●大阪希望館のこの1年の活動報告 活動紹介/利用者の声

  沖野充彦「大阪希望館」運営協議会事務局次長ほか

 ●講演会「社会を変革する希望の力」 

        講師 金子 昭さん(天理大学)

◇ 講演会講師プロフィール ◇

金子 昭 さん

 天理大学おやさと研究所教授。1961年、奈良県天理市生まれ。1989年、慶應義塾大学大学院博士課程修了。哲学博士。1995年、和辻賞(日本倫理学会賞)受賞。主な著作に、『シュバイツアーーその倫理的神秘主義の構造と展開』、『天理人間学総説』、『天理教社会福祉の理論と展開』、『驚異の仏教ボランテイアー台湾の社会参画仏教・慈済会』、『天理経営論総説』、など。

次ページへ »